ビジネス成果獲得に向けた商品化業務・IT改革 第6回ご視聴はこちら

内 容 :

製造業のDX・スマートファクトリー化の知見を実務レベルで持ち合わせる方をお招きし、Team Cross FAの天野 眞也がファシリテーターを務めるディスカッションLIVEです。

株式会社電通国際情報サービス(ISID)堤 洋人氏をお招きし、ビジネス成果獲得に向けた商品化業務・IT改革をテーマに2回(2週)に渡ってディスカッションしてまいります。
ビジネス成果を獲得するには改革が必要な時代と言われていますが、各社様とも推進と実現は難しいと伺います。
商品化業務を変えていくためには設計段階からすべての部門が一体となって業務を前倒しすることが求められ、そのためにはデジタル領域で設計・生産などの事前検証を推進することが重要となります。
第6回放送では「商品化業務グランドデザイン」について、第7回放送では「具体的な業務・IT施策」について、具体的な推進ステップを交えてご紹介いたします。是非ご期待ください。

講演日時:

第6回 10月27日(火)18:00~19:00(受付17:30~)
第7回 11月10日(火)18:00~19:00(受付17:30~)

参加費用:

無料

講演場所:

オンライン( YouTubeチャンネル「AMANO SCOPE」)
ツールはYouTubeLiveを利用します。
事前お申込み不要です。
PCまたはスマホ、ネット環境があれば、どこからでもご参加可能です。

ゲストスピーカー:

株式会社電通国際情報サービス(ISID)
製造ソリューション事業部 製造技術統括本部 戦略技術第1ユニット ユニット長 堤 洋人氏

1971年生まれ。1996年電通国際情報サービス入社。入社から5年間、自動車・精密機器・建設機械メーカ等で3DCAD及びPDMの導入支援に従事。
2001年iTiDコンサルティング(現:ITID)に出向。家電・精密部品・輸送機器・農業機械メーカで主に設計部門を対象とした商品化業務改革の支援を実施。
2013年電通国際情報サービスに帰任後は、業務・ITの両軸、また設計・生産・原価部門を主としたグランドデザイン(全体構想)の構築支援、システムズエンジニアリングを取り入れた業務プロセス構築支援などを空調機・重工メーカで実施。 現在は工場IoTも含んだグランドデザイン構築支援でも活動中。

ファシリテーター:

Team Cross FA 天野 眞也

1969年生まれ。92年キーエンスに新卒入社。工場の自動化に関わるセンサーやカメラの提案に従事。グループ責任者、営業所長を経て社長直轄の海外営業・重点顧客プロジェクトの初代リーダーに抜擢。売上数百億円から2,000億円を超える企業に成長するまで、第一線でけん引する。自動車、食品、半導体など、あらゆる業界の生産現場を見てきた経験と、顧客と共に、海外を含む新工場プロジェクトを成功に導いてきた実績を基に、2010年起業。
現在は、FAプロダクツ会長、ロボコム社長、日本サポートシステム社長などを兼務し、製造業のDXを一貫支援するコンソーシアム「Team Cross FA(チームクロスエフエー)」の旗振り役を務める。日本の基幹産業であるモノづくり産業を元気にし、日本を元気にするために、「デジタルファクトリー」を核としたスマートファクトリー/スマート工業団地を新しい輸出産業にする構想を公的機関や団体・企業と連携して推進中。また、製造業を優秀な若者が集まる憧れの業界にしたいとの想いから、学生向け業界教育、エンジニア育成、ロボットSIerの認知度向上にも尽力する。

【注意事項】
※昨今の新型コロナウイルス流行による感染防止の観点から、本セミナーをオンラインのライブ配信で開催いたします。

■セミナー当日は下記からご参加ください
第6回ご視聴はこちら