3次元ロボットピッキングシステムによる自動車CVT部品ピッキング事例

概要

自動車のCVT部品(鍛造製品)を加工工程に搬送している事例です。

cvt

参考動画

課題

重量のある鍛造品の搬送はオペレータに負荷が高く、かつ、搬送中の衝撃等による打痕が発生し、産廃品が発生する課題がありました。

解決策

鍛造されたワークをロボットビジョンで3次元認識し、ロボットで取り出して、研磨工程に搬送する工程にしました。   GIC1

効果

省人化ともにオペレータの負荷軽減に貢献し、生産リードタイムの低減になりました。 また、打痕発生率の低下により産業廃棄物の削減にも寄与しました。

利用製品

3次元ロボットピッキングシステム

3次元メディア社が提供するロボットビジョンセンサーを活用した弊社のソリューションです。

3dp_case_img