AGV シミュレーション(台数最適化ソリューション)

概要

メンテナンスも必要なAGV(無人搬送車)は、生産計画に基づいた最適な台数の運用が求められます。FAプロダクツではプラントシミュレーションを活用することで最適なAGV(無人搬送車)の台数を算出する生産シミュレーション環境の構築をご支援します。

課題

メンテナンスも必要なAGV(無人搬送車)は、生産計画に基づいた最適な台数の運用が求められます。FAプロダクツではプラントシミュレーションを活用することで最適なAGV(無人搬送車)の台数を算出する生産シミュレーション環境の構築をご支援します。

解決策

AGV(無人搬送車)台数最適化ソリューションでは、
生産計画に基づいた最適なAGVの台数を算出するソリューション環境構築をご支援いたします。

物流検証が完了するまでのリードタイム短縮

  • Excel等の手計算では検証の難しかった複雑なAGVの稼働を定量的に評価することができ、AGVの渋滞による停止時間や空運搬回数等を考慮した検証ができます。
  • 通路の混雑状況、稼動率などを可視化することにより改善ポイントを明確化できるため、場内物流の検討時間を短縮することができます。
  • 自動最適化機能を用いることで、短時間でより多くの条件を検証しながらリードタイムを短縮することができ、適切な台数を算出することができます。

効果

  • 物流コスト削減

    AGVを最適な台数とすることで物流のコストを削減できます。

  • 検討、調整時間の短縮

    自動最適化、可視化の機能などを活用したシミュレーションにより検討時間を短縮できます。

  • ライン供給遅れの解消

    AGVの詳細な制御を考慮した精度の高い事前検証が行えるため、ライン供給に遅れのない物流を実現できます。

利用製品

Plant Simulation/Plant Simulation Runtime (開発元:Siemens PLM Software)

ユーザー様で工場・ラインのモデルを作成する場合、上位モジュール(Professional)が必要です。

case_img_07

関連資料ダウンロード