工場見える化パッケージ

概要

ローコストに既存設備の稼動監視・帳票レスを実現できるパッケージです。
ITベンダーが提供する「プラットフォーム」とは異なり、実際に現場にあるPLCや接点信号を取り込み、「表示機能付IoTサーバー(HMI:稼働監視用)」「Excelアドインソフト(帳票作成用)」、既存設備への組込みを実現する「稼働監視ソフト」がセットになったパッケージです。
OPC UAなどにも対応し、上位側ITシステムとの連携も容易です。
「既存の設備をそのまま活用しながら、低価格にデータの信頼性が高い稼動監視を実現したい」という生産現場のご要望に応えできる製品です。

      system image_FAproducts170608      

画面イメージ

HMI_Image2_FAproducts170608
HMI_Image_FAproducts170608
 

特徴

既存設備をそのまま活用してデータを簡単収集

国内外250種類以上のPLCに対応。既存設備をそのまま活かしてデータ収集が可能です。オプション追加で、専用基盤や接点信号からの稼働監視も実現できるうえ、簡単設定で手元に届いてから最短1日で導入ができます。

スモールスタートから始められ、段階的に拡張が可能

最初は特定工程の稼働監視からはじめ、設定追加で複数台の設備監視も実現できます。上位システムとの接続も、Industry 4.0で標準とされているOPC UAに対応するなど拡張性も兼ね備えており、大規模システムにも展開が可能です。オプションで、取得したデータをデータベース化するプランもご用意しています。

優れたコストパフォーマンス

導入価格は1セット50万円~と低コスト。産業用タッチパネル(HMI)の作画データやExcelを編集する程度の簡単な作業で設定変更ができるため、自社で自由に追加改造が可能です。

効果

帳票の自動作成に対応

手作業で行っている帳票作成、日報作成の自動作成に対応。帳票・日報のフォーマットはExcel上に自由にレイアウトができ、現在運用中の帳票にあわせることができます。帳票作成工数の削減、入力・転記ミスの排除、帳票のリアルタイム化を実現します。

ボトルネック(無駄)の解析

工程の「動作中」「停止中」の信号記録のみならず、各設備から直接データを収集することができるため、データの信頼性を高く、今までわからなかったボトルネックを明確にすることができます。

設備生産性の向上

稼働率が向上すれば、設備生産性は大きく向上させることが出来ます。
稼働率の見える化・ボトルネックの分析をすることで、「カイゼンポイント」の把握が可能になります。カイゼン活動をすることにより、全体的な生産性の向上と繋がります。

導入手順

  • お打合せ
  • 見積り
  • ご注文
  • ご検収
  • ヒアリングシート記入
    仕様確認(オプションの有無確認)
    オプションをご要望される場合、再度お打合せ
  • お見積もり書ご提出
  • 商品/資料発送
  • 納入後サポート
    オプションサポート