リモートI/O(cMTシリーズ)

メーカー:WEINTEK

型式:iR Series Remote I/O

iR Series Remote I/O

カプラ(メイン通信ユニット)と拡張モジュールを組み合わせて構築するモジュール化設計で様々なシステムに対応。
カプラ(メイン通信ユニット)はModbus(TCP/IP)タイプとCANopenの2種類から選択できるため、様々なシステムに適用可能です。拡張モジュールは入力16点タイプ、出力16点タイプ、入力8点+出力8点タイプをご用意。
出力仕様はシンク、ソース、リレーから選択できます。
アナログ入力ユニット(4ch)、アアログ出力ユニット(4ch)、アナログ入出力ユニット(入力4ch+出力2ch)や、熱電対・測温抵抗体が4ch入力できる温度入力ユニットもラインアップに加え、多くの用途に対応できます。
配線はスクリューレスの差し込み式取付を採用、従来のネジ固定で起こりやすいゆるみの可能性を減らします。

リモートI/O(cMTシリーズ)製品仕様書【PDF】iR_Datasheet_JPN_20190304

保証・サポート

製品保証期間:納入後1年