【セミナー開催のお知らせ】『Smart Factoryセミナー2018 ~活用段階にきたデジタルツインとスマートファクトリー~』開催

公開:2018年08月09日

時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
また平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたび株式会社FAプロダクツは、
株式会社電通国際情報サービス様(共催)、協賛各社様と共に、
「Smart Factoryセミナー2018 ~活用段階にきたデジタルツインとスマートファクトリー~」と
題したセミナーを開催する運びとなりました。

昨年は、「スマートファクトリー」化に向けた各企業の提供サービスや
活用事例を中心に御紹介させて頂き大変ご好評をいただきました。
本年はさらに現場視点での事例紹介を多数そろえます。

見える化や予知保全のスモールスタート、データのリアルタイム分析といった
現場からのデータ活用事例の他、デジタルツインを活用したロボット導入プロセス改革、
生産システムズエンジニアリングなどビジネスとして成果を上げるまでの一連の流れが、
ご理解いただけるセミナーになります。

ご多忙中のことと存じますが、万障お繰り合わせの上、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

▽セミナー概要、参加申し込み、講演資料(抜粋)ダウンロード予約はこちら
http://pages.fa-products.jp/FASMR1809FAPSmartFactory_LPapply.html

【開催概要】
■日時:
2018年9月7日(金) 13:00~18:00(受付開始12:20)

■募集人数:
150名様/無料
※参加対象:生産技術、製造技術、製造、生産管理、経営企画、調達の方
※上記参加対象者様を優先させていただきますので、あらかじめご了承ください

■アジェンダ:
ー前半ー

時間帯 タイトル 概要 登壇企業・団体 登壇者
13:00~ 主催者あいさつ  FAP ロゴ

株式会社FAプロダクツ

代表取締役社長
貴田 義和
13:05~ 【基調講演】
コネクテッド・インダストリーズ推進によるスマートものづくりの実現
我が国ものづくりの強化に向けては、様々な業種、人、データ、機械等の繋がりにより価値創出を目指すコネクテッド・インダストリーズの考えの下、IoTやロボット等の先進ツールを積極活用したスマートものづくりの実現が鍵。その現状と課題について紹介いたします。 経済産業省_wabun_b_logo_color_small 経済産業省 製造産業局 参事官
(デジタル化担当)
徳増 伸二氏
13:45~ スマートファクトリーを経営成果へ導く『生産戦略』と『生産V字プロセス』 ISIDグループでは、スマートファクトリーをビジネス成果を実現する『手段』と捉え、ご支援をしております。
本講演では、新しいフレームワークである”生産システムズエンジニアリング”をコンセプトに最新の事例を交えてご紹介いたします。
 isid-logo

株式会社電通国際情報サービス

エンジニアリングソリューション事業部
戦略技術ユニット
戦略技術1部
岡内 英巳 氏
14:25~ リアルタイム分析でまだまだ効率化できる。プロセス改善事例と勘所 最先端を走っている企業でも、実はまだ改善の余地が残っていた! その改善に使われたのがリアルタイム分析です。リアルタイム分析とは何なのか?導入するポイントは何かを事例を交えて解説します。リアルタイム分析を活用して新たな価値を作り出しましょう。  SAS_logo

SAS Institute Japan株式会社

ソリューション統括本部 プラットフォームソリューション統括部 兼
西日本カスタマーソリューショングループ 部長
辻 仁史氏
15:05~ デジタルツインを活用した、次世代のロボットシステム導入手法 デジタルツイン時代のロボットSIerにはメカ、エレキ、ソフトの要素に加えて、ビジョンセンサー、IoT、AI シミュレーションなどの幅広い知識が必要となります。本講演では各種シミュレータとIoTプラットフォームを活用した 次世代のロボットシステム構築の事例をご紹介いたします。  会社ロゴ標準3株式会社オフィス エフエイ・コム 代表取締役社長
飯野 英城氏
休憩 15:45~
ー後半ー
時間帯 タイトル 概要 ご登壇者 企業名 ご登壇者
部署名・役職・お名前
16:00~ Smart Factory化が進まない理由と解決策 スマートファクトリー化プロジェクトが各社で立ち上がっているが、スムーズに進んでいる会社の話はなかなか聞かない。本講演では多くの実プロジェクトに携わった経験から、その理由と解決策を事例を交えてご紹介いたします。  FAP ロゴ

株式会社FAプロダクツ

代表取締役社長
貴田 義和
16:40~ 【パネルディスカッション】
スマートファクトリー化に「クラウド」は本当に必要か?”
スマートファクトリー化のためにはデータの収集と活用が鍵となり、クラウドサービスの活用が盛んに提案されているものの、製造業においてはクラウド利用に対して否定的な見方があるのが事実。クラウドの必要性を異なる立場の3社が激しく議論します。  

MODE ロゴ
MODE、Inc.

FAP ロゴ
株式会社FAプロダクツ

神戸 ロゴ
株式会社神戸デジタル・ラボ
日本代表 ジャパンカントリーマネージャー
上野 聡志 氏
代表取締役会長
天野 愼也
取締役 新事業創造係長 IoT班長
村岡 正和 氏
17:20~ スマートファクトリーの理想と現実 ドイツハノーバーで毎年開かれるハノーバーメッセをはじめとした、様々な展示会へ参加し、スマートファクトリー関連企業をインタビューしてきた「IoTNEWS」の小泉氏が、そこで語られているスマートファクトリーの理想像と、現状について解説します。

 IoTNEWS

株式会社アールジーン

IoT NEWS

代表取締役社長

(IoT NEWS 代表)

小泉 耕二 氏
18:00 閉会あいさつ

※講演内容、時間は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。

■会場:

株式会社電通国際情報サービス品川本社 3Fホール (受付:2階)

東京都港区港南2 – 17 – 1
JR品川駅港南口 京浜急行品川駅より徒歩10分

▽当日のアジェンダ、及びお申込みはコチラ
http://pages.fa-products.jp/FASMR1809FAPSmartFactory_LPapply.html

カテゴリー

    タグ一覧