業界豆知識

スマートファクトリー(スマート工場)の鍵は、スモールスタート!

スマートファクトリー(スマート工場)化の課題

スマートファクトリー化が進まない最も大きな理由は、投資対効果が算定しにくく投資の妥当性を判断しずらいことです。効果がでるまでに時間がかかったり、効果が何かを深く考えられていないために投資対効果見極めにくいというお話しを多くのお客様から聞きます。 他にも関係者が多くて方向性が定まらなかったり、SIerの提案が大がかりすぎて受け取れないなどもあります。 大手のSIerに提案を依頼すると小さな川を戦艦大和でわたるような提案になりがちです。 こういったこともスマートファクトリー化の障壁になっています。皆様もこのようなお悩みありませんか。   issue of smf  

 スマートファクトリーの第一歩はスモールスタート

スマートファクトリー化は、目的や工程を絞ったスモールスタートが重要です。アメリカには、こんな言葉もあります。   Think big, Start small, fail quickly, scale fast!   IoTプロジェクトの成功のエッセンスを端的に表現しています。 スモールスタートであれば、関係者も少なく、投資規模の抑えられ、クイックウィンを出しやすくなります。 クイックウィンとともに見えてきた課題の改善を繰り返しつつ、対象工程を増やしたり、拠点を増やしたりして、領域拡張し、スマートファクトリー化を拡大していく方法をとっている会社が成功しています。   small start    

スモールスタート、クイックウィンを実現する3製品

FAプロダクツの強みはスモールスタート、クイックウィンを実現できる製品をとりそろえていることです。類似商品ありますが、弊社の特徴は、かゆいところに手が届き短期間で、しかも低コストで導入できるところです。 一つ目の生産シミュレーションは、過去の知見を活かしたライブラリを活用することで、特に生産順序計画の再編成のシミュレーションをスモールスタートではじめることができます。 二つ目の予知保全は、FFT解析を活用した解析ソフトウェアをレンタルで利用できるため、スモールスタートにぴったりの製品です。 最後の工場向け見える化パッケージは、スモールスタート、クイックウィンにもっとも有効な稼働管理・帳票レスを実現できるIoTパッケージとなっており、最短で3営業日で導入できます。   3pkg  

関連資料ダウンロード