業界豆知識

生産現場の事を考えた「産業用IoTゲートウェイ」とは?

そもそもIoTゲートウェイとは?

ゲートウェイとは、異なる通信規格を持ったデータの、橋渡しをする機器です。 つまり、IoTゲートウェイはあらゆる規格のセンサやコントローラを、 ネットワークに接続する機器の事を指します。

産業用IoTゲートウェイでは何ができるの?

「産業用IoTゲートウェイ」は生産現場で活用されている機器と、 PC、サーバー、クラウドなど上位側とデータの橋渡しをします。 例えば、製造設備をコントロールしているPLCのデータを、 OPC UAに変換して上位側に受け渡ししたり、 生産現場の温度調節器やインバータなどから出力されたデータを、 MQTTでパブリッククラウドにデータとしてあげるなどが可能です。 今回ご紹介する産業用IoTゲートウェイ「cMT-G02」は、 国内外のPLCメーカ、Modbusなどの一般的なプロトコル約300種に対応。 設定だけでプログラムを記述することなく、データ変換が可能です。 

生産現場でIoTゲートウェイに必要な機能とは?

Googleなどの検索サイトで「IoTゲートウェイ」と検索すると、様々な製品が出てきます。 ・無線温度センサが接続できて、温度のデータ管理ができるもの ・基盤状の形態で非常に安価なもの ・プログラム言語を駆使して、様々な用途に適用できるもの これらの製品はもちろんIoT化に非常に有益ではありますが、 「生産現場で」となったとたん、様々な制約がでてきます。 ・接続したい機器、データをつなげることができるか? ・耐環境性能は大丈夫か? ・新しい言語を覚えたりせず、簡単に使えるか? 生産現場で使われるIoTゲートウェイは、それらの課題に応える必要があります。

汎用「IoTゲートウェイ」との違いとは?

生産現場で必要なIoTゲートウェイは、下記の条件を満たす必要があります。 ~生産現場で必要なIoTゲートウェイの条件~ ・各社PLCやModbusなどの生産現場で汎用的な通信規格に対応していること ・インダストリー4.0で推奨通信「OPC UA」などに対応していること ・制御盤の内部で使える仕様(温度、振動、取付など)になっていること ・プログラムレス(プログラマブル表示器など産業機器感覚)で使えること ・グローバルでの実績があること ・導入しやすい価格であること これらがあって、初めて生産現場のデータを、安心してデジタル化することができます。 FAプロダクツでは、これらの条件に合致した、産業用IoTゲートウェイ 「cMT-G02」を提案、サポート、販売しております。

お問合せ・詳細資料ダウンロードはこちらから

株式会社FA products プライバシーポリシー https://fa-products.jp/about/policy.html

関連資料ダウンロード