生産シミュレータ

概要

Plant Simulationは、国内外の多くの製造業で幅広い実績を持つ生産シミュレータです。
生産シミュレータはコンピュータ上に仮想の工場ラインモデルを構築し、物の流れを再現することで様々な現象を検証・分析するものです。(生産、動き、渋滞、保管、輸送、サービス、エネルギー)中でもPlant Simulationは豊富なライブラリ群、強力なカスタマイズ機能、階層型モデリング等により、いかなる規模の複雑な生産システムでも限りなく現実に近く再現し、高速にシミュレーションすることができます。

特徴

グローバルNo.1の実績を誇る生産シミュレータ

世界で最も使われている生産シミュレータ!

「Plant Simulation」はPLM業界のトップメーカーであるSeimensPLM社が開発したソフトウェアです。ドイツ自動車工業会(VDA)の標準シミュレーションソフトウェアとして採用されており、日・欧・米の大手自動車メーカー様に多数標準採用されている、信頼度No.1生産シミュレータです。

自動最適化機能「GA」により、高速・簡単に最適値算出が可能

日々の生産目標数の達成や欠品をしない

日々の生産目標数の達成や欠品をしないための多品種の投入順序や最少の配置人数、原価低減のための在庫の最少化など、難しい答えの値を自動で算出します。Genetic Algorithm(GA)に基づき、膨大な組み合わせの中から最適な答えを高速で算出するため、現場の方々が日々時間をかけている作業を短縮させ、より生産性の高い作業を行う事が可能です。

FAP独自のスキームにより、MES連携による実績データでのシミュレーションが可能

MESとの連携により高精度なシミュレーションが可能!

標準値でのシミュレーションから得られる分析結果とパラメータ最適値を実際の生産に活用し、そこで得られるMESの生産データをPlant Simulationにて再度シミュレーションします。シミュレーション→現実の生産→シミュレーションを繰り返すことで、より精度の高い分析結果・最適値を得ることが出来ます。MESとシミュレーションを共に構築できる、FAプロダクツにしか出来ないサービスです。

効果

工程設計での効果

◆成熟された設備計画
 ⇒過剰な設備投資の抑制
◆ラインの成立性を検証(特に混流生産)
 ⇒改善活動をライン構築前に実施
 ⇒フル生産開始の前倒し
◆ライン作業者の事前見積もり

生産計画での効果

◆多品種少量ラインにおける、投入順序と在庫量の最適化
 ⇒仕掛在庫の削減
◆生産拠点の最適化
 ⇒コスト削減
◆工場の生産性向上

物流計画での効果

◆運搬作業車の省人化
 ⇒定量化した最小人員の算出
◆運搬のムダ取り
 ⇒把握するのが困難な、運搬作業車の稼働率UP
 ⇒運搬タイミング、運搬範囲、運搬ロット数、パラメータが多大
◆運搬ロジック(AGV、クレーン等の検証)
 ⇒混流生産を実現する為に、構築された仕組みの検証、最適化
 ⇒運搬ロジックが洗練された工場の実現

事例

投入順序の最適化や、工場レイアウトの最適化などさまざまな分野に応用されています。

  • プレス工程最適投入計画ソリューション
    products_img_05

    ジョブショップ型の製造ラインにおいて、納期遅延のない投入計画を立案する動画です。Plant Simulationの最適化機能を用いて、納期遅延のない投入計画を自動算出し、その時の経路の使用頻度を可視化します。

    続きを読む>>
  • 在庫の最少化ソリューション
    products_img_04

    引き当て在庫を有する製造ラインにおいて、在庫数が少なく、且つ引き当てによる欠品のない投入計画を立案する動画です。Plant Simulationの最適化機能を用いて、在庫数の最少化、欠品のない投入計画を自動算出します。

    続きを読む>>
  • ピーク電力削減ソリューション
    products_img_06

    製造ラインにおいて、電力消費の著しい設備を停止することでピーク時電力の削減をシミュレーションする動画です。シミュレーションによって設備を停止した場合の欠品が可視化され、未然に防ぐことが可能です。

    続きを読む>>
  • プラントシミュレーションデモ動画
    products_img_07

    生産能力の異なる設備が直列に並ぶ製造ラインにおいて、設備間のバッファ数の最適化を図る動画です。Plant Simulationの最適化機能を用いて、目標生産数に適したバッファ数を自動算出します。

    続きを読む>>
  • AGV台数最適化ソリューション
    case_img_01

    メンテナンスも必要なAGVは、生産計画に基づいた最適な台数の運用が求められます。プラントシムレーションを活用することで最適なAGV台数を算出するシミュレーション環境の構築をご支援します。

    続きを読む>>

導入手順

  • ヒアリング
  • ベンチマーク
  • ツール導入
  • 実務適用
  • 現状の課題を整理し、対象(製品・機種、対象とする工程)を選定します。導入の目的を明らかにして、実業務適用へ向けた導入ステップのご提案します。
  • ベンチマーク対象ライン、工場の設定しベンチマーク実施します。簡易的にモデルの作成、インプットデータの作成・解析した結果を報告し導入効果を検証します。
  • 基本操作、モデル作成操作など一連のトレーニングを実施します。レイアウトや課題に合わせたデータ作成方法のサポートをオンサイトで実施し、ツールの活用方法や解析支援も行います。
  • スタータアップライブラリにより、立ち上げを支援し、ワークフローに合わせた専用の手順書の作成と定期トレーニングにより定着を推進します。
    実データによるモデルの作成、解析支援、オブジェクト作成のアウトソーシングも請け負います。